byお天気猫や HOME:お天気猫や || 山猫旅行社TOP ||

バース−とっておきの一日−

バースは、お風呂=BATHの語源になった古い街。 ロンドンからは日帰り観光にほどよい距離で、 途中には、かのストーンヘンジもある。

川をはさんで両側にひろがる古い石づくりの町並みは、 ヴィクトリア時代の面影が色濃く漂うリゾート地。 最初の英国旅行で、バースを訪ねた私たちは すっかりこの街が気に入った。 エヴァン・エヴァンス・ツアーのバスに乗り込み (英語もろくに話せないのにどうやって潜り込んだのか)、 さっぱりわからない運転手のジョークに 終始苦しんだのも今となっては思い出。 2度目の旅でもやはり、この街へ行きたくて 今度は列車で訪ねたのだった。

ホリディ、という言葉がぴったりくる街。 都会を離れて、ちょっと観光客になる休日。 ただ街を訪れて、日なたのカフェでくつろぐだけでもいい。 アンティークマーケットを物色して、掘り出し物を 探すのもいいけれど、街に集まる人々の平和な気分こそ ホリディなのだと思える。

二度とも夏に訪ねたのでお天気が良くて、イギリスの空が こんなに青いのだろうかと思うほど空が抜けた写真が 残っている。 シャッターを頼んだら「もっと笑って」といわれて、 思いっきり無理に笑った自分の顔も。

ローマ時代の浴場跡、ローマン・バスは、 ピーター・ラムゼイのミステリ『苦い林檎酒』の舞台にも なっている観光スポットで、読んでおくとさらに楽しいかも。
(マーズ;010225)

お天気猫やバナー