byお天気猫や HOME:お天気猫や || 山猫旅行社TOP ||

一夜にしてクリスマス

「まるで魔法にかけられたように、町は一夜にしてクリスマスの装いになっていました。」

と、いうと雪でも降ったのかな、と思われるでしょう。 残念でした、雪ではありません。 では、いつでものんびりした米南部の町に、いったい何がおこったのでしょうか?

十一月末のサンクスギビングデイが終わると、町中がクリスマス支度に入ります。 緑のリース、赤や金のリボン、金銀のモール、ガラス玉、木製や金属やプラスチックやあらゆる素材のトナカイ、そしてえんえん何十メートルにも及ぶ電飾コード、ありとあらゆる飾り物を担ぎ出し、町中の人がそれっとばかりに我が家や店や教会を飾り付けます。

一夜にして…?いえ、それはちょっと無理です。 なにしろ窓辺、ポーチ、立ち木に植え込み、あらゆる所に工夫をこらして飾りつけるのですから、仕事の後やお休みの日に一家で頑張っても、なかなか大変です。 もっともショッピングモールなどは、オレンジとブラウンのサンクスギビングデイのディスプレイから、本当に「一夜にして」緑と赤と金銀のクリスマスカラーに変わります。

そしてこれも「一夜にして」、道路沿いの空き地が一面の針葉樹林に変身。こちらは「ハロウィーン通信」では一面にカボチャ畑になっていた場所、そう、こんどはクリスマスツリーの露天市になったのです。樹高二メートルほどのリビングに飾るのに手ごろな(とはいえ畳二枚分のスペースが必要)切り立ての生木が、よく憶えてませんが、20ドルくらいだったかな? お家の外の飾り付けばかりでなく、同時にお家の中の飾り付けも着々と進行しているようです。

そうこうするうち、ある晩冷たい強い風が吹きました。 暖かな南部の町もやはりもう冬なのでしょう。

そして。
一夜にして。

まるで魔法にかけられたように、町はクリスマスの装いになっていました。

それまで町を覆っていた森があったところに、窓ごとに大きな緑のリースやガ−ランドを飾り、窓いっぱいにきらきら光るクリスマスツリーや古風なキャンドルスタンドが見える煉瓦造りの大きなお屋敷や、白亜の壁の教会が、いくつもいくつも忽然と姿を現していたのです。

古い豪華な絵本を開くように。
…魔法?
いいえ。

バーミングハムの住宅地は林の中にあって、樹の繁っている間は一見人の住んでいない山の中のように思われる、ということは前回「森の中の家」で御紹介しましたね。

米大陸では特殊な高温湿潤のアラバマの気候風土は、日本、特に私の実家のある南国に似ています。冬でも緑の山々を見慣れていたものですから、アラバマの家々を覆っている深い緑の木々も、なんとなく冬でも葉の落ちない常緑樹だと思い込んでいました。 そうではなかったようです。

暖かいので紅葉もほとんどしないまま、いままでずっと建物を覆い隠していた葉が、ようやく前日の強い乾いた風ですっかり吹き飛ばされて、カーテンが開かれるように、その背後の美しく飾られた壮麗な建物達の姿が、私達の前に現れたのです。

このあたり、米南部一帯は一般に「バイブル・ベルト」─聖書地帯と呼ばれています。北部都会の人々(及び外国人)には想像もつかないほどキリスト教が日常生活に浸透し、教会が重要な場所である地域です。

クリスマスは彼等にとって、最も尊敬し、最も愛する人の誕生日な訳であり、私達にとってのお正月にもあたる儀式でもありますから、それは力が入ります。 全ての美しい飾り付けは「祈り」の一形式でもあるのです。

それにしても、お屋敷のドアの上のリースなんて、直径が私の背丈ほどもありますよ。 そしてそれがまた、夜になると灯が点くんです。

夜、なだらかな起伏の続く町を車で帰っていると、丘の上、坂の下、植え込みに低く、立ち木に高く、ポーチに、窓に、はては屋根ごとラッピングするように、あらゆる場所で住民の飾ったイルミネーションが灯っています。 もう灯を覆い隠す葉が無いのですから、全ての光が道路から見られます。

ゆるやかに、うねりながら、金の星のまき散らされた中を走り抜けます。 どこまでも、地上の星は続いてゆきます。

私は、信者ではありません。 けれど私は車を走らせながら、感謝の言葉を思いました。 私が今これほど美しい光景を見ることができるのは、神の御子のおかげです。 あなたが地上に生まれた事を、町の人々がこぞって祝うからこそです。  この町の人々皆に、御加護を賜り下さい。アーメン。(ナルシア)

お天気猫やバナー