byお天気猫や HOME:お天気猫や || 山猫旅行社TOP ||

鳥取砂丘で週末の終末

砂丘に出ると、唐突に目の前が巨大な異次元に通じる 巨大な‘紙一重の’スクリーンになったかのようだった。 こんな時「うわぁ」としか言えないのが情けない。

バラード的な、あまりにバラード的な砂の世界。 そして砂の合い間の蒼い海。午後。 長い列をなして個を捨て、砂山の向こうへ歩いている人々。 砂の丘のてっぺんで音も無く手製の鳥を飛ばす人々。 巡礼する人々の足跡が無数に砂を埋める…日暮れまでの命。 点にしか見えない人々の中に、いつか自分達も溶けている。 砂は、以前もらったモンゴルの砂に似て黄色い。 人々は海岸の手前にできた大きな山を皆黙々と目指している。 そして、しばし海を眺め、こちらへと戻って来る。 ただそれだけのことなのに(馬車やラクダにも乗れる)、 終末の世界に遭遇してしまった感覚は、あれ以来記憶の表に在って、 時折青白いシグナルを発している。

鳥取砂丘。Tottori Sand Dune。というのだ(看板より)。 ここも、行くまでは姿がわからないと思う場所の一つ。 あそこに人々の列がなかったら、それはただ海沿いの砂地でしか ないのかも知れない。それとも、他の展開にまた圧倒されるのか。

しし座流星群を砂丘で見るのも「今この時」の贅沢かも知れない。

あの世界から日常へ戻るための仕掛けにも余念がない。 駐車場付近の看板類を読むだけで、 取りたててユーモアがないとしても笑顔が戻るだろう。 ユーモアが過ぎた場合は、さらに異次元にはまり込む。

砂の丘の規模が日本的か世界的かなどどうでも良かった。 そこにあったのは週末の終末、黙示録的な世界だったから。(マーズ)

砂丘で見つけたブロッケン。中央右がマーズ、左がシィアル。

お天気猫やバナー