夢の図書館

今月の本棚

☆5月:映画になったファンタジー。

by マーズ

久しぶりに更新しました。このところ、名作古典ファンタジーの映画化が相次いでいますね。映画と小説の表現の違いという問題はともかくとして、児童書やファンタジーの好きな者にとっては、不思議にさえ思えるような時代になりました。こんなことがあっていいのだろうか。というような感覚を持たれる方も少なくないことでしょう。そしてそういう原作の数々は、夢の図書館にも眠っているのです。あふれる思い入れに酔いそうな水先案内を、どうぞお楽しみください。

【ナルニア国シリーズ】

『ライオンと魔女』ナルニア国ものがたり1 著者:C・S・ルイス / 絵:ポーリン・ベインズ / 訳:瀬田貞二 / 出版社:岩波書店

異世界ナルニアを恐怖で支配する白い魔女が、創造主アスランと力を合わせた人間界からの子どもたちによって敗れ去ります。雪と氷に閉ざされていたナルニアに春がやってきました。

『カスピアン王子のつのぶえ』ナルニア国ものがたり2 著者:C・S・ルイス / 絵:ポーリン・ベインズ / 訳:瀬田貞二 / 出版社:岩波書店

黄金時代と呼ばれたカスピアンの治世からはるか後、荒れ果てた城跡にやってきた子どもたちは、ナルニアの復活に向けて戦いを挑みます。

『朝びらき丸 東の海へ』ナルニア国ものがたり3 著者:C・S・ルイス / 絵:ポーリン・ベインズ / 訳:瀬田貞二 / 出版社:岩波書店

ナルニアに平和が戻り、カスピアン王子は世界の果てへ冒険の船旅に出ます。その途中、人間界から子どもたちが参加します。

『銀のいす』その4 ナルニア国ものがたり4 著者:C・S・ルイス / 絵:ポーリン・ベインズ / 訳:瀬田貞二 / 出版社:岩波書店

行方不明だったカスピアンの息子、リリアン王子を探し出し、地下の女王と対決する子どもたち、そして真に勇敢なナルニアの民を描きます。

『馬と少年』ナルニア国ものがたり5 著者:C・S・ルイス / 絵:ポーリン・ベインズ / 訳:瀬田貞二 / 出版社:岩波少年文庫

辺境の国カロールメンからナルニアへ。ナルニアを周辺国の奇襲から救う旅が始まります。もの言う馬と少年、お姫様も加わっての冒険譚。

『魔術師のおい』ナルニア国ものがたり6 著者:C・S・ルイス / 絵:ポーリン・ベインズ / 訳:瀬田貞二 / 出版社:岩波書店

ナルニアの年代記としては最初に起こる物語。アスランによるナルニアの創造に力を貸す人間界の子どもたち。衣裳だんすや街灯の謎も明らかに。

『さいごの戦い』ナルニア国ものがたり7 著者:C・S・ルイス / 絵:ポーリン・ベインズ / 訳:瀬田貞二 / 出版社:岩波書店

ナルニア国物語の最終巻。偉大なライオンのアスランによって創造された国ナルニアの、さいごの様子、さいごの悪との戦いが描かれます。

【指輪物語シリーズ】

『指輪物語』(その1)

『指輪物語』(その2)

『指輪物語』(その3)

『指輪物語』(その4)

☆映画・オブ・ザ・リング

☆ロード・オブ・ザ・予備知識

『「指輪物語」 完全読本』

☆ニーベルングの指輪物語

☆映画・オブ・ザ・リング『王の帰還』(その一)

☆映画・オブ・ザ・リング『王の帰還』(その二)

☆『指輪物語』の中の「マクベス」

『新版 指輪物語1旅の仲間(上1)』

『新版 指輪物語2旅の仲間(上2)』

『新版 指輪物語3旅の仲間(下1)』

『新版 指輪物語4旅の仲間(下2)』

・『新版指輪物語』全7巻
  著者:J.R.R.トールキン / 訳:瀬田貞二・田中明子 / 出版社:評論社文庫

・『新版指輪物語』 全9巻(旅の仲間・上1、上2、下1、下2)
著者:J.R.R.トールキン / 訳:瀬田貞二 ・田中明子 / 出版社:評論社

【ゲド戦記シリーズ】

『影との戦い─ゲド戦記(1)』著者:アーシュラ・K・ル・グウィン 訳:清水真砂子 / 出版社:岩波書店

『こわれた腕環─ゲド戦記(2)』著者:アーシュラ・K・ル・グウィン 訳:清水真砂子 / 出版社:岩波書店

『さいはての島へ─ゲド戦記(3)』著者:アーシュラ・K・ル・グウィン 訳:清水真砂子 / 出版社:岩波書店

『帰還─ゲド戦記4 最後の書』著者:アーシュラ・K・ル・グウィン 訳:清水真砂子 / 出版社:岩波書店

『アースシーの風」(その1)』著者:アーシュラ・K・ル・グウィン 訳:清水真砂子 / 出版社:岩波書店

『ゲド戦記外伝』著者:アーシュラ・K・ル・グウィン 訳:清水真砂子 / 出版社:岩波書店

【チョコレート工場の秘密】

☆ライオンとチョコレート。

一連のファンタジー映画を観る前に、映画化への思いを好き勝手につづったものです。

『チョコレート工場の秘密』 著者:ロアルド・ダール / 訳:田村隆一 / 出版社:評論社(児童図書館文学の部屋/てのり文庫)

☆あのチョコレート。

【ピーター・パン】

☆ピーター・パンゲラン!その2「ネバーランド」

『ピーター・パン』 著者:J・M・バリ / 絵:F・D・ベッドフォード / 訳:厨川圭子 / 出版社:岩波少年文庫(新版)

『ピーター・パン』その2  著者:J・M・バリ / 絵:F・D・ベッドフォード / 訳:厨川圭子 / 出版社:岩波少年文庫(新版)

[ 前回の特集 / 今までの特集 ]

雑記

弥生。卯月。あわただしい時間を過ごしていました。そんな中、やっと読み終わったのが『沼地のある森を抜けて』(著:梨木香歩/新潮社)。不思議なというか、不可思議なというか、何とも表現しがたい<世界観・生命観>に触れました。 / シィアル(060503)

TOP:お天気猫や に戻る


●LINK
●RING
Copyright © otenkinekoya 1998-2008 All rights reserved.