HOME:お天気猫や // 夢の図書館*TOP // ロマンス特集

リンダ・ハワード・リーディング

『ロマンス小説の女王』 リンダ・ハワード

リンダ・ハワードは、本国アメリカのみならず、全世界の女性読者に熱く支持され、 『ロマンス小説の女王』の名をほしいままにしている作家です。

ハーレクインからキャリアを積み、作家歴は1980年以来、25年近くになるリンダ。 数十冊の著作のほとんどがベストセラーとなっています。受賞歴は数知れず、日本 でも多くの作品が翻訳されて人気を誇っていますが、絶版になった昔の作品は、 ネットオークションで高額落札の常連でもあります。

リンダは9歳から小説を書き始め、当時あこがれていた作家は、『風と共に去りぬ』 のマーガレット・ミッチェルだそうです。リンダ作品のなかにも、南北戦争の時代 を描いたものがありますが、こちらはハッピーエンド。そう、リンダはその規則だ けは、ゆずらない女王なのです。南部の空気を伝える現代ものは、リンダの本領発 揮といったところでしょうか。どんな主人公が登場するにしろ、一作ごとにテーマ を深く追求する作家としての姿勢や取材の確かさは、ロマンスへの熱く激しい追求 度も含めて、多くのファンを魅了する要因にちがいありません。

彼女のプロフィールについては、残念ながら、著作の多さに反して、くわしくは わかりません。年齢もはっきりしませんが、本のカバー裏には、その時々、オーラ を増してゆくリンダのポートレートが掲載され、その強い決意があらわれた大人の 女性の顔を見るだけでも、情熱が伝わってくるようです。彼女には、アメリカン インディアンの血統が混じっているといわれ、『マッケンジー家』シリーズには、 そんな血を引くヒーローも登場しています。

現在の彼女は、バス釣りのプロフェッショナルであるご主人と、生まれ故郷のアラ バマ州北東部にある200エーカーの農場で暮らしているそうです。家族はゴールデン レトリバー2匹、それに、さまざまの野生動物(ビースト系も含む)も一緒だそう。

プライベートのことをもう少し。アメリカのインタビュー記事によれば、ご主人と 出会ったのは、トラック運送会社で働いていた時だそうです(リンダは事務職?)。 3人の養子あるいは連れ子を育てあげ、今はご主人とレトリバーのBit O'Honey& Sugar Babyが一緒とのこと。料理も洗濯もこなし、人を雇わないリンダは、台所で あの『Mr.パーフェクト』のアイデアを得たそう。まるで映画のように、ヒロイン たちの会話が聞こえてきたそうです。

時間とともに変化してきた女王のロマンス小説、これからも、もっともっと、 楽しませてほしいと願っています。(マーズ)


 リンダ・ハワードの本棚

リンダ・ハワードの著作あらすじ&猫や的Rating(ほとんど☆4〜5… (^^;)


リンダ・ハワード * レヴュー・リスト


その他−ロマンス小説・恋愛マンガ 等



Copyright © otenkinekoya1998-2008 All rights reserved.