ゆずのたね水  


鍋物の薬味に絞ると種がぽろぽろ落ちて来る。
ゆずってなんでこんなに種が多いんだろう?

‥‥と思って「ゆずのたね」を
邪魔物扱いにしていた私が浅はかでした。
これまで長年の間捨てていた何百個の柚子の種、
知らぬ事とはいえ、ああなんて勿体無い事をしていたのでしょう。
もっと早くに柚子の種の凄さに気が付いていれば。

高価な基礎化粧品を買い続けなくて済んだのに。

御存知でしょうか、ゆずの種から簡単に
とっても保質効果の高い化粧水が出来るんです。
天然、手作り、無添加、適当、ほとんどタダ。
しかしそのしっとり感はタダ者ではありません。
普段ならこれだけで充分なくらいで、
ゆず種水をつけた上に更にオリーブオイル等の
油を手のひらで種水と混ぜて塗り重ねると、
真冬の乾風もエアコンも結構大丈夫。

柚子湯の柚子玉をお湯の中でうっかりつぶしてしまうと
お湯がどろどろになりますね。
ゆずの種だけでも水に漬けておくと、
しばらくしてとろとろの粘りが出て来ます。
果物ジャムを固める働きを持つペクチン質です。
これをせっけんで洗顔した後ぺたぺた塗るだけ。
こんど柚子を使う機会があったら、種をとっておいて
お風呂上がりに試してみて下さい。感動しますよ。
柚子皮のような精油成分はないので香はしませんが、
皮膚にしみるような刺激もありません。
柚子にはレモンなどのような光刺激性がないので
朝の化粧下地に使っても大丈夫です。

以下のゆず種水の作り方はアルコールに弱い人の
少量使いきりコースです。分量は適当、時間も適当。
液のとろとろ、さらさら度はお好みで水を加えて調整して下さい。
本格的に作る方は薬用酒と同じく焼酎漬けで作ります。



● ゆずの種水 ●

1)柚子を切り、種をほじくり出します。
  保存用にする時は、ざっと水でゆすいで
  ざるに広げて種を乾かします。
  種をゆすいだ水もぺたぺた肌に塗ってみて下さい。

2)種を10粒程密封できる小さい容器に入れ、
  種の3倍量くらいの水を入れます。
  くるくる回して、冷蔵庫に保存。
  種からだんだん透明なゼリ−状のものが出て来て、
  一日程で液がジェルになります。

3)ジェルだけを別の容器に移し、使い易い程度に
  水でのばして肌に塗ります。

4)残った種に再び水を注ぎ、5日程すると
  前回よりさらさらした液が出来ます。
  液を取り出し、種にまた水を加えて一週間くらい漬けます。

一回目のジェルは美溶液のようにとろーんとしています。
二回目はそのまま化粧水として塗れるさらさら加減。
種はだいたい三回くらい使えます。
いずれも冷蔵庫に保存して、一週間くらいで使い切ってください。
といいますか、使いきれる量ずつ作って下さい。



● ゆずの種酒化粧水 ●

ゆずの種を容器の1/3入れ、20度以上の甲種焼酎を注ぎます。
一週間くらいでぬるぬるが出て化粧水として使えます。
二週間程で種を濾して、液を取ります。
種はもう一度使えます。
夏場はなるべく冷蔵庫に保存して。


柚子の産地の山里などに紅葉狩りにいったら
山盛りの柚子を安く売っているので、まとめて買って
冬の間、柚子皮と絞り汁と種を楽しんでいます。
わざわざ種だけのために高い柚子玉を買うのも勿体ないとか、
季節外れで柚子がない場合は、
種だけのネット販売もありますよ。

ゆずの村・馬路村  馬路村農業共同組合
http://www.yuzu.or.jp/index.html
イラストの可愛い、愛嬌のあるサイトです。
「ミス馬路村」というのが種の商品名。





*- HOME*お天気猫や // Recipe Top // ハーブ・ガーデン -*