魔法の香の雫──エッセンシャルオイル


厳寒の侯、皆様如何お過ごしでしょうか。
暖かい冬とはいえ、外のハーブの大部分は葉を落とし、
僅かに緑を残しているもの達も、
可哀相でとても収穫できませんね。
寒い日にこそ、触れれば立ち上る、
あの香気に包まれたいのに。
 
そこで。

冬の寒々しい風景から戻って来たお部屋一杯に。
寒さで固まってしまった身体をお風呂で暖めながら。
かさかさに乾燥してしまったお肌をお手入れする時に。
香りの雫──エッセンシャルオイルを目一杯楽しみましょう。


 


注意事項

●必ず薄めて使う

 エッセンシャルオイルは高濃度の植物精油成分です。
とても刺激が強いので、そのまま皮膚に
つけたりなめたりしてはいけません。

例えば蜜柑の皮をぎゅっと捻ると、
ぱっととても佳い香りの汁が散りますね。
目に入ったり傷口に滲みるととても痛い、
果汁そのものよりもはるかに佳い香りの油。
あれも精油成分の一種です。
スィーティーの皮を絞って果皮の精油成分を
スチロール製のトレーに垂らすとあなおそろし、
白いトレーが溶けてみるみる穴が開いてしまいます。
刺激の少ないものや殺菌作用が有用なものなども
中にはありますが、基本的に直には触らない、
という心構えで、必ず水や油で薄めて使って下さい。

 

少量使う

とにかく濃いので、一滴でも多過ぎると
頭痛がするほど強い匂いになってしまいます。
控えめに控えめに。

 

純粋なものを使う

エッセンシャルオイル配合でも、ポプリ専用オイルなどとして
いるものは保存料他の成分も含まれているので、直に肌につける
用途(マッサージ、お風呂など)には使わないで下さい。
純粋なエッセンシャルオイルは高価なようですが、一回の
使用量が数適程度なので、小さな瓶でもかなり使いでがあります。

 

アレルギーテスト

皮膚の弱い方やアレルギーの出やすい方は、
マッサージ濃度に薄めたオイルを腕に付けて
一日反応を確認してください。
(アレルギーパッチテストと同じ要領)
 

 

お気に入りを探しましょう

店頭のテスター瓶を嗅いで「あ、いい香り」と思っても、
実際身に付けたりその香りに囲まれたりすると印象が違います。

お馴染みの柑橘系はイメージしやすいですね。
グリーン系のハーブやウッディー系や樹脂系の香りは
地味なようでも、飽きがこなくて落ち着きます。
甘い花系はぱっと気分を変えたり
雰囲気に浸るのに絶好です。

それぞれの系統からピックアップして、
オリジナルブレンドを考えるのも楽しみですね。
いろいろな浴用剤やポプリ用オイルの成分を見ると、
主な成分の表示がされている中にエッセンシャルオイルの
成分が書かれているものがあります。
気に入った製品をヒントにしてみましょう。

 
 


エッセンシャルオイルの使い方

[ お部屋の香り ]

オイルウォーマー
素敵なデザインのウォーマーをいろいろお店で見かけますね。
お皿に水をはってオイルを数適落とし、
ティーキャンドルで暖めて香り漂うお部屋に。
キャンドル一つで2〜3時間香りが続きます。
空焚きに注意。

 

ポット
素焼きの壷や素焼きの置き物等にオイルをしみ込ませて。
お玄関やトイレ等、入った瞬間に香ります。
湿気がこない時期は塩に染み込ませても使えます。

 

ポプリ
香りの薄くなったポプリに垂らして復活。
自分で新しいポプリを作る時は、密封して数週間寝かせます。

 

お香
香りのついていないお香があります。
オイルを染み込ませて焚くと、オイルウオーマーよりも
簡単なオリジナルインセンスの出来上がり。

スプレー
水で薄めたオイルをアトマイザーにいれて
しゅっとお部屋や車内に一吹き。

掃除機
オイルを数適、塩などに染み込ませてそれを掃除機で吸い込みます。
排気に香りが付いてお掃除中が楽しい。
ポプリ用の配合オイルでも。

 

[ 注 ] 室内に消臭効果のあるエアコンや燃焼性の暖房器具
(石油ストーブ等)などがある場合は香りが早く消えて しまうかもしれません。

 
 

[ お風呂の香り ]

一番効果的で、しかも簡単にエッセンシャルオイルが
楽しめるのはやっぱりお風呂なのでは。
オリジナルブレンドを試してみるのもまずお風呂で。
 

香りのお風呂
お湯にオイルを数適垂らし、直に皮膚に濃いオイルが
つかないようによくかき混ぜて入ります。

バスソルト
食用粗塩にオイルをしみ込ませてよくかきまぜたら、
自家製バスソルトのできあがり。
塩は手のひらに一握り、(市販のバスソルトの量の見当)
オイル4、5滴くらいでお風呂一杯分くらい。

フットバス
足浴用の洗面器にぽたり、とオイルを垂らして
ゆっくりするのも好い気持ちです。
 
 

[ マッサージ ]

冬のかさかさ肌にはやっぱりマッサージが効果的ですね。
以前店頭で美容部員さんが「アロマテラピーを取り入れた
新製品です」とお試し化粧品を塗ってくれたのですが、
あまりの香料の強さに気分が悪くなってしまいました。
香りこそ自分の好みが一番。
無添加、無香の植物オイルにお気に入りの香りの
エッセンシャルオイルを混ぜて、全身全霊でリラックスします。

ホホバ油、オリーブ油、グレープシード油などのベースになる
純植物性オイル(純粋で無添加なら食用のでOK)に
エッセンシャルオイルをたらして混ぜます。
購入したエッセンシャルオイルに付いている説明書に従って、
なるべく使いきり分作って下さい。

例:顔と頸のマッサージ用にホホバ油5mlにつき
エッセンシャルオイル1適、
私は化粧品の試供品の入っていた小瓶
(目盛りを引いておく)を専用瓶にして作っています。

エッセンシャルオイルがじかにつくとプラスチックが
変質するので、ベースのオイルを満たしてから垂らすか、
ガラス容器を使います。
 
 


クラフトの愉しみ

ドライハーブにしみ込ませて、サシェやバスバッグに。
ドライのほのかな優しい香りの持ち味を壊さないように、
オイルはほんの隠し香程度に。

香るキャンドル(溶かしたろうを固める時にオイルを
混ぜる)やドライリースなどもドライハーブの
姿と組み合わせてお部屋を彩ります。

その他ドライハーブで作った濃いめのハーブティーと
エッセンシャルオイルを配合した手作り石鹸、
化粧品などなど、使い道はいろいろ。
 
 

最近は香りそのものの効能が名高くなって、
いろいろと身の周りの製品に香りが付けられています。
以前に比べるとはるかに良い匂いのものが増えましたが、
それでも普段はなるべく無香のものを用いて、
ポイントで自分で選んだ香を使うと、
より香りの力が強く働き掛けてくるようです。



*- HOME*お天気猫や // Recipe Top // ハーブ・ガーデン -*