ーズマリーのクリスマス
 
 クリスマスにふさわしいハーブといったら?
緑野は枯れ果て、大地を雪が覆い、永い夜の続く冬…
 そのなかにすっくと聳え立つ暗緑色の堅い葉を持つ常盤木に、北の國の人々が永
遠の生命を見たのならば。
それらの樹々と同じ暗緑色の針のような葉を持つ、森林の香りのローズマリーこそ
クリスマスにふさわしいハーブといえるでしょう。

 真冬の厳しさのなかで、それこそ雪に埋もれていても、ローズマリーは淡い水色
の花を咲かせることができます。
 シェイクスピアの「冬物語」で植物の大好きな美しい娘パーディタが、「年老い
たお客様には冬のハーブのローズマリーとヘンルーダ、」とプレゼントをして回る
場面があったと思いますが、ローズマリーの精油成分は記憶を強め、体を若返らせ
る作用があるとされます。不老の妙薬、化粧水にもぴったり。

 ローズマリーにもいろいろ種類がありますね。
花の色がピンクや紫、というのもありますが、茎が真直ぐのびるもの、地面を這う
もの、その中間、と樹形もいろいろ。
鉢植えのローズマリーをお持ちなら、クリスマスらしいデコレーションにしてみま
せんか?
直立型ならそのままツリーのようにオーナメントやリボンを飾れますし、くねくね
伸びる匍匐型は枝を切って小さな飾りが作れます。
 


 

ーズマリーのミニリース
 

匍匐型のローズマリーの伸びた枝を切り、くるっとまるめてワイヤーで止めます。
あるいは細い茶色のアルミワイヤーを枝の全体にからめ、自由自在に曲がるローズ
マリーワイヤーにして、お好きな形でお好きな場所にからめます。
小さなリボンや鈴をつけてオーナメントに。ナプキンリングに、スプーンレストに。
ワインボトルの飾りに、キャンドルの飾りに。
冬に枝を切ってしまうと春まで成長しませんので、飾り用に切った枝は捨てないで、
お料理やお風呂に使って下さい。
そのまま飾っておけばドライになってずっと使えます。
小枝を燃やすと、深い森の香りがします。
 
*- HOME*お天気猫や // Diary(ハーブ日記) Top // ハーブ・ガーデン -*