矢車草の青い鳥  


咲きこぼれるカモミールの奥、
ぽんぽんと海の様に澄み切った紺青色が見えます。
くっきりとまんまるい矢車草。
すっきりと伸びた姿も初夏の清々しさに満ちています。
色もおなじみの紺色から爽やかな空色、
優しいラベンダー色、可愛いピンク、白、
様々な階調のものが揃って楽しくなりました。

幾何学的な造形に真直ぐな銀灰色の茎、
そのうえドイツの国花で
かっちりした印象があるヤグルマソウですが、
実はその端正な花にちょっとした秘密を隠しています。
ちょっと花弁をばらばらにほぐしてみてください。
ほら。
ひとつひとつの花弁の、
青いグラディエーションの入った
切れ込みの入った形がとっても可愛い!
まるで白い嘴の青い鳥が羽搏いているよう。

和名の矢車菊という名が示すように、
この真っ青な花はキク科。
外側の花弁に見えるのも、まん中にぎっしりつまって
雄しべだけのように見えるのも、
立派な一つの花なのです。
外側と内側と形の違う花が何百も集まって、
まんまるい矢車の形を作っていたのです。

ばらばらにほぐした鳥の形の花弁を
紙に載せて乾燥させると、
インクのように鮮明な色が残ります。
やっぱりドライにするとよく乾いて色の綺麗に残る
青い千鳥草(ラークスパー)や
飛燕草(デルフィニウム)
と青い鳥のポプリを作りましょうか。

すぐに乾いて軽くなる青い鳥達は、乾燥させる時、
風通しがいいところ、
とはいっても直接風が当る所に置くと、
あっというまに空に飛んで行ってしまうので気を付けて。


● ティー ●

ヤグルマソウのティーは特に匂いも味も感じませんが、
昔からのせき止のお薬だそうです。
浸出液は収斂作用があるので、夏の化粧水によさそうです。


● 育て方 ●

去年の秋に種を蒔いて、春までに苗を育てた
このヤグルマソウ、(寒い所では春蒔きで育てます)
ヨーロッパのとうもろこし畑の雑草だから
「コーンフラワー」というのだそうですが、
雑草だけあって丈夫で簡単にぐんぐん大きく育ちます。
ただ、畑の中だとまっすぐ伸びる作物のおかげで
支えはいりませんが、花壇のまん中などでは
雨でひっくりかえらないように
支柱のお世話はしてあげなくては。


*- HOME*お天気猫や // Diary(ハーブ日記) Top // ハーブ・ガーデン -*