P

Paperchase & Papyrus


Paperchase & Papyrus

旅の醍醐味のひとつは、何と言っても買い物。絶対にそこにしかないものを見つけ出した時の勝利感。文字通り、満面の笑顔だ。Paperchaseは、ロンドンにある文房具屋さんである。バースにもあったところを見ると、随分広範囲で展開しているチェーンショップだ。文房具フリーク・手帳フェチである私にとって、そこにあるすべてが宝である。ちょっとした文具にもスタイルが感じられたりする。毎日使うものだからこそ、支給品ではなく、選びに選んだものを惜しげもなく使いたいといつも思っている。何か特別のものを買うわけではない。ほんとうに何でもないものばかり、かご一杯買ってしまった。(おかげで帰りのトランクはただ事でない重さで、空港で“HEAVY”というステッカーを貼られたのだが。)
さらに。
スローンst.だったと思う。Paperchaseが普段用なら、こちらはセンス溢れるよそ行きという風な素敵な文具や雑貨が並んでいた。Papyrusというお店である。オーナーの方も素敵な女性で、さまざまなステーショナリーはもちろん、店内のかわいい子犬に目を奪われてしまった。「ニキータ」というロングヘアのミニチュアダックスフント。もう5年も前のことだが、今でも元気だろうか。雑貨もまた買いに行きたいが、「ニキータ」のことも懐かしい。(S)


 
[ 英国辞典 ← → HOME:お天気猫や ]