栗尾猫くん
*- 栗尾猫くんのお話 -*
流氷の天使、クリオネ。北の海の妖精。
ミニオフと称して訪れた水族館。
金魚鉢の様なまあるい水槽で泳ぐ
1-2センチのちっぽけな生き物。
それがクリオネ。
ひらりひらりと翼のように「足」を動かし
ゆっくりと漂っておりました。
またの名をハダカカメガイ。
殻を持たない貝の仲間。
学名はなにやら「女神」とか。
ただし、その後に「ナメクジ」と続くのが
御愛嬌。
初めて使ったデジタルカメラで、
可愛い猫みたいな姿が綺麗に撮れました。
こんな愛らしい生き物も実は肉食。
赤く透けてる消化器を裏返すように
微生物を捕獲、がつがつ喰らう様を
以前にテレビで見たことが有ります。
げに恐ろしきその姿。
あーれぇー。
猫の耳と見えて実は鬼の角だった?…
(提供:病の理通信社)

 


 
*- ねこまにあ*TOP // HOME:お天気猫や -*