*- ねこ物語 -*


 

「愛の火花」
─目撃者:玄機さん─

 時は冬。
実家の飼い猫・さみぃは、その巨大な身体を妹の部屋の14型テレビの
上に横たえていた。
彼はあたたかいその場所が、たいそうお気に入りだった。
 妹はテレビの上のさみぃの顔に、何げな─く顔を近づけた。
 さみぃも、何げな─く妹の顔に顔を近づけた。
その時。

バチッ!!!

「いったぁ────い!!」「ふぎゃっっ!!」
さみぃの鼻と妹の鼻との間で、静電気の青い火花が走ったのだ。
 エレベーターのボタンではしょっちゅう放電しているわたしもさすがに
これにはビックリ。………さんざん笑ったけどね。
 
 


 
 


*- ねこまにあ*TOP // HOME:お天気猫や -*