HOME:お天気猫や >> ねこまにあ*TOP
 
 
「猫のいる生活・ふたたび」

「猫や」のどこかに書いているのですが、
以前私の家で飼っていたトラ猫、チータは、
5年ほど前に病死しました。
それからほどなく白犬のルーを育てるようになって、
この5月にこねこを拾うまでは、ルーだけが
わが家の和み役だったわけです。

ここしばらく、ルーを見ていて、ひとりじゃかわいそうかな、
と思ったりもしていました。たとえば同じような白色の、
「猫」とか、一緒にいると面白いし、気がまぎれるんでは?
などと、想像していたのは確かです。

それが、
ある午後、本当に、白いこねこを保護することになるとは。
まだ生後3週間弱くらいの赤ちゃんです。
そもそも、私には猫アレルギーがあるので、
春や秋など、猫と一緒に室内で暮らすのは無理があります。
はじめは本当に、里親をさがして渡すまでという
つもりでした。
でも、ある夜、眠っているこねこの顔を見て、
これはヤバイかな、と思いました。
それからもヤバイことは増えてゆき、
結局、あちこちに出していたチラシやお願いも
引き下げて、チットちゃんと名づけたこねこを
うちの子にすることにしたのです。

人の手をガジガジ噛むのが大好きなチットちゃんは、
身体をなでられるのもあまり好きでありません。
だれかにもらってもらうにしても、そこがネック。

季節はずれの鼻炎薬を飲みながら、
こりゃ来シーズンまでにうわさの漢方医院へ処方をもらいに
行こうかなとか思いつつ、ねこ育てに明け暮れる日々。

そんなこんなで、わが家のわが部屋にこねこが
住み着いて、もう1ヶ月半。
毎朝起きると、白いこねこの姿を探す
(あるいは噛まれて目が覚める)日々がつづいています。
外に出られる日が来るまで、まだしばらくは
私の不規則な生活も続きそうです。

ルーとチットちゃんの対面も、何度か練習。
夢の白犬白猫共同生活に向けて、
ルーもがんばれ(可哀相に)!
(マーズ)